二重手術をして良かった!悩みが解消

二重整形にもいろいろな種類があります。簡単に分けて埋没法、切開の二つがあります。より気軽に行えるのが埋没法です。
切開だと、そなの名の通り目を少し切ってしまうとゆうものです。目頭の方を切ったり、目尻の方を切ったりもあります。
そして埋没法だと、切らないで専用の糸でまぶたを縫い食い込ませるとゆうやり方です。
人それぞれまぶたの厚み、目の開ける力が違ってきます。そして好みの二重幅も。そのため、そこを配慮してどちらが自分の目に合うのか種類を決めていくのです。

 二重整形のメリットは?

例えば今までで一重で悩んでいたとしたら、毎朝鏡を見た時に二重になっている目元を見てとても嬉しいと思います。
私は奥二重だったのが嫌で埋没法で二重整形しました。
埋没法だともし何かあった時糸を抜けば元に戻すことができます。そしてダウンタイムも早いので1週間もすれば目立つ腫れは引いて、1ヶ月もすれば定着し、糸が切れたりしなければ長期的に維持することができます。さらに埋没法の種類にもよりますが安価に出来るので試しやすいです。

二重整形のデメリットは?

切開の場合、ダウンタイムが長いので大人になってからするならなかなか長期休暇がないときついです。そして、もしお好みの二重にならなかったら元に戻すことはできません。
埋没法の場合、安価にできるものは糸がそこまで丈夫ではなく、まぶたの条件により値段は上がっていきます。何回でもやり直さるイメージですが、2回以上してしまうとまぶたが硬化してしまい埋没法では二重にならなくなるのです。なのでまぶたの厚い方などは止める点数を増やしたり、複雑な縫い方をしたりします。なので安価には行えません。

二重整形について思う事を自由に書いてください

私は二重整形に対する抵抗は一切ありません。もちろん自分がしているとゆうのもあります。今では芸能人の方、モデル、一般の方々もほんとに数多くの方が二重整形している時代だと思います。
自分の嫌なところをなくそうとしたいと思う美意識は私はすごくいいと思います。それで自分に自信がつくならより良いと思います。ネガティブよりポジティブの方が何に関しても前向きになれます。
整形に対する意見は様々だと思いますが二重整形は当日いって当日出来てしまうようなほんとに手軽なものなのでそこまで重たい整形ではないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする